「お彼岸」とは

お彼岸は「彼岸会(ひがんえ)」を略したものです。

仏教では向こう岸に渡る意味になります。

迷いのこの世、此岸(しがん)から川の向こうの悟りの世界に渡るために教えを守り、行いを慎むという本来の意味でもあります。

春分の日と秋分の日がそれぞれ中日(ちゅうにち)とし、その前後3日間合わせて7日間行われ、初日を「彼岸の入り」最終日を「彼岸の明け」といいます。

一般的には家族そろってお墓参りをする習慣があります。

関連記事

  1. お仏壇の歴史

  2. リンの役割と意味について

  3. 「お盆」について

  4. 戒名と法名

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。